スマートフォン専用サイトはこちらをタップ

症状別アドバイス集

普通神経症の部屋

「治ることの契機」 '22.3 

Mさんは、体のこわばりや不安感といった症状に悩まされてきたのですね。これまで、クタクタになるまで行動しては、その反動で動けなくなってしまったり、好きなことをしてみたり日記を書いてみたり、薬を試してみたり・・・と試行錯誤されてきたことがうかがえます。その中で、最近になって沢山の気づきがあったようですね。

Mさんの気づきとして、「この不安感は自分で作り出したものなんだ」、「怖くて、不安になっていることは、自分の妄想や気持ちなんだ」、「不安はどうにもならないんだ」ということが書かれています。また、「働いた時は、緊張で自分の中ではめちゃくちゃでしたが、外から見たらきっとフツーの人だったと思います」ということも書かれていますね。悩みの性質が分かってきて、恐怖や不安とつき合えるようになってこられているのだなと感じます。

さて、Mさんのように、ご自身で色々な気づきを得ている方は多くいらっしゃると思いますが、治ることの契機は、どういうことがポイントになるのでしょうか。気づきを次へ繋げるためにも、このことについて少しコメントさせていただきます。
 森田療法では、治ることの契機には二つの側面があるととらえます。

一つは、「感情の受容」です。これは、「不安は悪いもの」と感情を価値づけしたり、「あってはならない」と操作しようとすることを手放し、そのままの感情で過ごしていく姿勢を指します。実際には、Mさんの「少しわかったようなわからないような」というところから徐々に腑に落ちていくような流れが自然だと思います。

もう一つは、「行動の変容」です。これは、生活の中で、症状が理由で出来ていなかったところに踏み出してみる姿勢を指します。Mさんが、「働いた時は、緊張で自分の中ではめちゃくちゃでしたが、外から見たらきっとフツーの人だったと思います」と、一歩踏み込んで仕事に取り組まれこともそうですし、この体験フォーラムにおいて、「自分の考えを晒すことで、少し勇気がいることだった」という思いがありながら、書き込みをされたことも行動の大きな変容です。

二つの側面において、これまでのあり方から変わってきたところがあるとしたら、治る方へ進んでいるとみていただいて良いと思いますよ。今後も、行き詰まりや気づきを繰り返しながら、人としてますます成長し、Mさんの良さが花開いていかれることを応援しています
(金子咲)

「日中の生活を整えることが病気不安・不眠への対処」 '22.2 

Fさんは病気不安をきっかけに不眠になってしまったとのことです。長いこと眠れないのは辛いですね。夜眠れないときに、この先病気になったらどうしようと恐怖心がわいてくるのでしょうか。それとも不眠が続くと、恐れている病気になってしまいそうで、不安になるのでしょうか。

そんな中で、家事とできるときは実家の畑の手伝いもされているのはとても立派なことです。ぜひこれは続けてください。日中を規則正しく元気に過ごすこと、日中の生活を充実させていくことが、不眠へのこだわりを下げ、自分の自信にもつながっていきます。

症状がある中どのように過ごしていくといいか皆さんから学びたいと最初に書かれていたので、やってみてわからない点や聞いてみたいことがあったらまたぜひフォーラムに書きこんでください。

また、お父さまと「話して安心した時には苦しさを感じずに眠れたことがあり、精神的なものかなと思った」と述べられていましたが、Fさんには病気になったら○○ができないことが不安など、具体的な心配がありますか?もし思い当たることがあったら、どんな病気になることが恐怖なのか、その病気になると何が恐怖なのか、どんなことが心配なのかも、フォーラムにぜひ教えてください。

森田療法では不安になるのはそれだけ自分が大事に思っていることや達成したいことがあるから(不安と同じ量の欲求がある)と考えます。Fさんが失いたくないものや達成したいことがあるからこそ、それをおびやかす病気に対してとても恐怖を感じられるのではないかと考えて伺ってみました。

Fさんがどんなことに不安や安心を感じるのかを伺えたら、会員の方もまたアドバイスもしやすくなると思います。ここで話して、会員同士で助け合ってよくなっていかれた方がこれまでにたくさんいますので、ぜひ活用してくださいね。
(矢野勝治)

「今までどうやって対処してきたのかを思い出してみる」 '22.1 

Cさんは以前より雑念恐怖と疾病恐怖がありましたが、これらの恐怖とは何とか共存できていたそうです。しかし、更年期になって、体調不良が続き、さらには難聴になってからは、眠れなくなり、色々なことが不安になってきて、今まで頑張ってきた自分が認められなくなりそうと困っていらっしゃいます。

Cさん、難聴になって、不眠になって、不安が強くなって、という状態は辛いですね。特に感覚を奪われるという恐怖はかなり強いものだと思います。さぞかし心配されたことでしょう。

誰しも体調不良になれば、自分の体が心配になりますよね。それ自体はとても自然なことだと思います。ですから、「不安になって、眠れなくなって、自分はダメだ」というようにそのことで、自分を責めたり、否定したりする必要は全くありません。

そもそも、Cさんは今まで神経症症状と付き合いつつ、生活を送られてきたのですね。それはとてもすごいことだと思います。まずは、その事実を忘れないで下さいね。その上で、それらの不安と今までどのように付き合ってきたのか、思い出してみましょう。

「病気になるのではないか」という不安と「実際に病気になった」不安というのは少し質が異なると思います。ただ、不安には、そればかりに注意を向けて、それをなんとかなくそうとすると、ますます強まるという悪循環の性質があります。この悪循環は「病気になるのでないか」という不安も「実際に病気になった」不安も共通して生じるものです。

おそらく、Cさんが不安と付き合えていたときは、不安は不安のままに、その不安は棚上げして、今出来ること・やるべきことに手をつけていたのではないでしょうか。

今、Cさんが出来ること・やりたいこと・やるべきことはどんなことでしょうか。旦那様や娘様にしてあげたいことはどんなことでしょうか。あるいはご家族とどのように過ごしていきたいとお考えでしょうか。不安で辛い今だからこそ、どんなことでも構いません。何か手をつけてみてください。以前恐怖と共存出来たCさんなら、「現状を打破したい」と思っているCさんなら、今も同じことが出来るはずです。是非とも頑張って下さいね。応援しています。
(谷井一夫)

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation