今年度の事業計画

令和2年度の事業計画

(令和3年4月1日〜令和4年3月31日)

1.公益目的事業

番号事業名実施・
開催
予算
(千円)
事業内容
公1(1)研究・活動助成8月24,260精神療法の研究や啓発活動に関する助成
委託研究「外来森田療法の治療効果研究」(4年目)
公2(1)心の健康相談毎日
月2回
1,558財団職員・委嘱相談員による電話・面接・メール相談
東京・大阪にて毎月各1回(45分間×4枠)の委嘱の臨床心理士によるカウンセリングの実施
公2(2)心の体験フォーラム会員交流会年1回137交流サイト・心の体験フォーラム会員の交流会(1回当たり10名以内)
公3(1)財団セミナー年1回1,275誰でも参加できる無料のメンタルヘルスセミナー(関西圏で実施)
公3(2)委託セミナー年5回1,076各地の大学や団体に委託して行う無料のメンタルヘルスセミナー(関西圏以外で実施)
公3(3)その他のセミナー年11回

年1回

年1回
6,183インターネットを利用したセミナーの放映
大学と共同で行う教育向けセミナー(オンライン)
働く人のためのメンタルヘルス対策セミナー(オンライン)
公4(1)精神療法関係図書室3,005専門図書室の運営並びに財団ホームページへの情報掲載
公4(2)心の体験フォーラムの運営4,064不安症など心の健康に課題を持つ人を対象にした交流サイトの管理運営
公5(1)研究助成報告集年1回1,107研究助成事業の成果報告集の発刊
公5(2)機関紙年1回1,229森田療法や財団活動に関する刊行
公5(3)精神療法関連資料の販売1,055森田療法DVDや関連書籍の販売
共通費共通5,368家賃、リース料、光熱水料費、福利厚生費、通信費等
合  計
50,317令和2年度:49,625千円
※共通費:各事業に区分出来ない経費
※各事業予算には人件費も含まれている
※人件費は、役・職員の業務分担に応じて、事業費と管理費に分けて計上している
※R3年度予算の公益目的事業比率は67.5%程である(公益目的事業比率=公益目的事業費÷経常費用計)

2.管理業務一覧

公益事業を推進するために必要な間接業務は次のとおりです。
番号業務名実施・
開催
予算
(千円)
業務内容
1理事会3回2,077 通常理事会2回、臨時理事会1回
2評議員会1回1,076 通常評議員会1回
3資産管理・
運用委員会
8回827 理事長、弁護士、公認会計士、事務局長で構成
4公益認定等委員会242 定期提出書類作成費等
5企画委員会6回826 学会等情報収集活動費、会議資料作成費等
6その他管理業務19,182 人件費、家賃、リース料、光熱費、福利厚生費等
合  計24,230 令和2年度:24,552千円
※1〜5番の各業務には、担当者の人件費も含まれている
※6番には、公益目的事業と管理業務の両方にかかる経費を一定の比率で配賦したものも含まれている

3.資金調達及び設備投資の見込みについて

令和3年度の資金調達及び重要な設備投資については予定していません。

令和3年度予算

(令和3年4月1日~令和4年3月31日)

1.令和3年度収支予算書(正味財産増減計算書)

科目 当年度(円) 前年度(円) 増減(円) 備考
(主な増減内容)
Ⅰ 一般正味財産
     増減の部




 1.経常増減の部



  (1)経常収益



   ①基本財産運用益



     基本財産受取
     利息
71,894,000 64,520,000 7,374,000
   ②特定資産受取
     利息




     特定資産受取
     利息
1,685,000 619,000 1,066,000
   ③事業収益



     出版事業収益 605,000 693,000 -88,000
   ④受取寄付金



     受取寄付金 5,000,000 5,000,000 0
   ⑤雑収益



     受取利息 219,000 1,420,000 -1,201,000
     経常収益計 79,403,000 72,252,000 7,151,000
  (2)経常費用



   ①事業費 50,317,000 49,625,000 692,000
      助成金 20,000,000 20,000,000 0
      委託費 2,000,000 1,000,000 1,000,000 公1.
委託研究費
-1,000,000円
公3-2.
委託セミナー
5開催
+1,000,000円
公3-3.
教育向けセミナー
委託費
+1,000,000円
      役員報酬 2,980,000 2,980,000 0
      給与手当 7,851,000 8,451,000 -600,000 職員1名退職、
育児休暇職員
1名復職
相談員委嘱契約
      福利厚生費 1,276,000 1,752,000 -476,000
      旅費交通費 692,000 734,000 -42,000
      通信運搬費 301,000 296,000 5,000
      消耗品費 62,000 57,000 5,000
      消耗什器費 150,000 0 150,000 テレワーク対応用
パソコン1台分
+150,000円
      修繕費 170,000 170,000 0
      印刷製本費 1,165,000 1,115,000 50,000
      賃借料 4,312,000 4,214,000 98,000
      光熱水料費 135,000 135,000 0
      保険料 0 0 0
      諸謝金 2,243,000 3,664,000 -1,421,000 外部相談員を
委嘱契約に変更
      会議費 447,000 239,000 208,000  
      図書費 1,162,000 686,000 476,000 公1.
助成申請システム
+500,000円
      広報費 3,799,000 2,382,000 1,417,000 公3-1.
財団セミナー
広報費
+600,000円
公3-3.
ビデオセミナー
広報費
+500,000円
公5-3.
DVD広報費
+300,000円
      諸会費 10,000 10,000 0
      租税公課 0 0 0
      雑費 555,000 648,000 -93,000
      退職給付費用 320,000 252,000 68,000
      減価償却費 687,000 840,000 -153,000
   ②管理費 24,230,000 24,552,000 -322,000  
      委託費 0 0 0
      役員報酬 5,230,000 5,060,000 170,000
      給与手当 7,411,000 7,229,000 182,000
      福利厚生費 1,905,000 1,745,000 160,000
      旅費交通費 580,000 1,493,000 -913,000 理事会旅費
-300,000円
評議員会旅費
-400,000円
国内学会旅費
-150,000円
      通信運搬費 666,000 136,000 530,000
      消耗品 366,000 278,000 88,000
      消耗什器費 50,000 0 50,000 テレワーク対応用
パソコン1台分
+50,000円
      修繕費 12,000 12,000 0
      印刷製本費 4,000 23,000 -19,000
      賃借料 4,928,000 4,852,000 76,000
      光熱水料費 165,000 165,000 0
      保険料 13,000 13,000 0
      諸謝金 1,122,000 1,467,000 -345,000 弁護士報酬
-300,000円
      会議費 412,000 253,000 159,000 理事会会議費
-130,000円
評議員会会議費
-80,000円
ZoomMeeting
システム
+400,000円
      図書費 71,000 109,000 -38,000
      広報費 0 0 0
      諸会費 143,000 165,000 -22,000
      租税公課 30,000 30,000 0
      雑費 534,000 603,000 -69,000
      退職給付費用 431,000 728,000 -297,000
      減価償却費 157,000 191,000 -34,000
   経常費用計 74,547,000 74,177,000 370,000
     当期経常増減額 4,856,000 -1,925,000 6,781,000
 2.経常外増減の部



  (1)経常外収益 0 0 0
   経常外収益計 0 0 0
  (2)経常外費用 0 0 0
   経常外費用計 0 0 0
     当期経常外
     増減額
0 0 0
     当期一般正味
     財産増減額
4,856,000 -1,925,000 6,781,000
     一般正味財産
     期首残高
149,398,863 164,685,151 -15,286,288
     一般正味財産
     期末残高
154,254,863 162,760,151 -8,505,288
Ⅱ 指定正味財産
     増減の部




     当期指定正味
     財産増減額
0 0 0
     指定正味財産
     期首残高
1,433,685,019 1,510,493,534 -76,808,515
     指定正味財産
     期末残高
1,433,685,019 1,510,493,534 -76,808,515
Ⅲ 正味財産期末残高 1,587,939,882 1,673,253,685 -85,313,803

2.令和3年度収支予算書内訳表(正味財産増減計算書)

令和3年4月1日〜令和4年3月31日まで

令和2年度収支予算書内訳表

(注)貸借対照表内訳表の作成義務がないため、一般正味財産期首残高、一般正味財産期末残高、指定正味財産期首残高、指定正味財産期末残高及び正味財産期末残高は合計欄のみを記載している。

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation