令和2年度の事業報告(4月1日〜3月31日)

助成事業

■助成金申請・決定の推移

R2('20)年度
件数金額(千円)比率(%)
1913,55039.0
3221,18061.0
5134,730100
188,40052.5
267,60047.5
4416,000100
R1('19)年度
件数金額(千円)比率(%)
3325,78044.8
5131,71055.2
8457,490100
2611,20056.0
318,80044.0
5720,000100
H30('18)年度
件数金額(千円)比率(%)
3528,83043.4
5037,55056.6
8566,380100
2711,50057.5
288,50042.5
5520,000100
H29('17)年度
件数金額(千円)比率(%)
2923,03040.3
4334,14059.7
7257.170100
2611,40057.0
288,60043.0
5420,000100

過去の助成金申請・決定を見る

■令和2年度 第33回研究・活動助成金交付一覧

研究助成・森田療法関係
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1皖南医学院附属蕪湖市第二人民病院
臨床心理科
副主任医師
うつ病における抑鬱、身体愁訴の発症機制に関する検討20
2東京慈恵会医科大学附属柏病院
精神神経科
講師
現代における「生の欲望(森田正馬)」に関する研究
—森田正馬の病跡および健康生成論の視点からの考察を中心に—
20
3横浜市北部地域療育センター
発達精神科
診療所長
思春期自閉スペクトラム症に対する外来森田療法の効果30
4大妻女子大学
人間関係学部
助教
現代の多様な価値観に対応する森田療法のあり方とは
―ナラティヴ・セラピーの知見の導入
20
5北海道医療大学
歯学部口腔構造・機能発育学系
保健衛生学分野
准教授
舌痛症患者の症状に森田神経質傾向が及ぼす影響:痛みに対する破局的思考との比較30
6東京慈恵会医科大学附属第三病院
精神神経科
助教
気分障害患者の入院森田療法における
集団の治療的意味についての研究
30

研究助成・その他
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1国立国際医療研究センター
国府台病院 心療内科
医師
バイオマーカーを用いた内観療法作用機序の解明
―中国と日本の共同研究
30
2東邦大学
医学部精神神経医学講座
レジデント
地域で見過ごされている社会的ひきこもり者に「あるがまま」の心を育む包括的早期支援方法の開発30
3国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所
地域・司法精神医療研究部
常勤研究員
日本の文化・慣習に合わせた学校での精神保健教育の開発に関する研究30
4九州大学病院
精神科神経科
助教
Post Intensive Care Syndrome(PICS):
敗血症により当院で集中治療を受けた患者の退院後の精神障害及び心理面に関する質的研究
30
5岡山県精神科医療センター
診療課
医師
注意・欠如多動症による家庭および職場での機能障害への援助に対する患者の性別の影響:国際ランダム化ケースビネット試験30
6国立精神・神経医療研究センター
行動医学研究部
科研費研究員
過敏性腸症候群に対する内部感覚曝露を用いた認知行動療法(CBT-IE)の実装研究―実行可能性・有効性・症状改善に対する患者の満足度の検討―30
7京都大学大学院
医学研究科・医学部消化器内科学講座
博士課程
過敏性腸症候群に対する集団認知行動療法の有効性と安全性に関するランダム化比較試験30
8東京大学大学院
医学系研究科精神看護学分野
博士課程
出版圧力質問票の日本語版作成および研究者のメンタルヘルスへの悪化要因探索とその介入方法の開発20
9東京大学医学部附属病院
精神神経科
助教
リカバリーセンター通所者のリカバリープロセスと、COVID-19蔓延による生活の変化の影響についての研究30
10医療法人要会 かなめクリニック
臨床心理士
リワークプログラムにおける仕事場面に特化した時間管理プログラムの比較対照試験30
11慶應義塾大学
医学部精神・神経科学教室
助教
慢性痛への学際的治療としてのマインドフルネス認知療法の有用性と効果予測に関する前向きコホート研究30
12久留米大学
医学部神経精神医学講座
助教
退院患者の現実暴露場面での悪化を防ぐ
新たな短期精神療法プログラムの作成と効果検証
30
13慶應大学大学院
医学研究科
博士課程
2型糖尿病をもつ就労者の心理社会的側面に関する研究30
14清和大学 短期大学部
専任講師
親―乳幼児心理療法におけるインフォームド・コンセントに関する基礎的研究30
15関西医科大学
医学部小児科学講座
助教
不登校を伴う起立性調節障害児が抱える不安に対する入院加療の有用性の検討30
16早稲田大学文学学術院
総合人文科学研究センター
次席研究員
セルフ・コンパッションを媒介したアタッチメントスタイルとマインドフルネスの関連の検討30
17関西医科大学
総合医療センター
精神神経科作業療法室
作業療法士
不安症およびうつ病患者に対するマインドフルネス瞑想を取り入れた作業療法プログラムの効果検証
(待機群を対照群とした無作為対照試験)
30

活動助成・森田療法関係
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1高良興生院・
森田療法関連資料保存会
高良興生院・森田療法関連資料保存会
(森田療法関連資料の収集・保存。一般向け精神保健講演会の開催。)
30
2中国心理衛生協会
森田療法応用専業委員会
第十三回中国森田療法学会20
3北海道森田療法研究会森田療法セミナーの継続と森田療法専門家養成、および市民への啓発活動(札幌市での開催を予定)30
4特定非営利活動法人
生活の発見会
月刊機関誌「生活の発見」の発行・内容充実、全国各地の集談会の内容充実など100
5特定非営利活動法人
生活の発見会
森田療法の普及のため広報活動、ITやAI等を活用し次世代層へのアピールなど70
6九州森田療法セミナー九州森田療法セミナー
(第15回初級・第14回アドバンスコース)の開催
40
7日本森田療法学会「日本森田療法学会雑誌」の発行
(2020年度31巻1号および2号)
100
8第38回日本森田療法学会第38回日本森田療法学会の開催100
9上海市心理衛生学会
森田療法内観療法
専門委員会
上海市森田療法と内観療法の勉強、研究、交流会20
10関西森田療法研究会関西における森田療法の普及と啓発40
11第11回国際森田療法学会第11回国際森田療法学会の
開催準備一年目
100
12東京慈恵会医科大学
附属第三病院
精神神経科
森田療法センター 図書資料室の運営40

活動助成・その他
1第17回
東アジア文化精神医学会
第17回東アジア文化精神医学会の開催
(学会テーマ:東アジアにおける文化と精神療法)
40
2公益財団法人
日本精神衛生会
精神保健シンポジウムの開催40
3吃音親子のつどい『ほおーっと』・
『あのねのひろば』・『いいねっこ』
子供たちが出会い交流することにより、自分や吃音のことを知り、つながりを感じ、自分らしい暮らしが送れるようにする。
表現に困難さを持つ子供たちが自分の本来持つ力に気づくために森田療法を活用し、それが体験できる場として親子で手しごとや体操等を体験できるワークショップや、年齢を問わず参加・活動できるレクレーション活動を行う。
10
4千葉大学
子どものこころの発達教育研究センター内
強迫症の認知行動療法治療者養成プロジェクト
強迫症の認知行動療法治
療者養成プロジェクト
30
5公益社団法人
日本精神保健福祉連盟
精神保健福祉全国大会を開催し、精神保健福祉思想の普及・啓発を図る。
1.記念式典・表彰式 2.アトラクション 3.午餐会 4.記念講演 5.シンポジウム 6.精神障害者施設、作業所作品展示・販売等 7.活動記録誌配布
20
6国際力動的心理療法学会
第26回大会
不可能を可能にする瞬間―心のミクロな変化を捉える―
Make the Impossible Possible:
The Moment of Micro-Change Dynamics in Psychotherapy
30
7日本家族療法学会
第37回大会
疾患をもつ人と家族の不安や失望をどのように支援するか
~メディカルファミリーセラピーに関する啓発活動~
30
8福島復興心理・
教育臨床センター
福島における大震災PTSD・抑うつに対する心理療法および専門家養成活動30
9日本EMDR学会
人道支援委員会
熊本地震支援及び新型コロナウイルス感染拡大に対する熊本市特別支援学級心のケア活動30

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation